索引サイトマップ
< トップ

2006年6月6~14日 ドイツ(フランクフルト・ベルリン)・ウィーン旅行記 


しばらく海外には行けそうも無いだろうと思い、行って来ました。いつもはだらだら系旅行なのですが、この際だからとコンサート、オペラを聴きまくりました。

便 観光 コンサート
6/6 Tue NRT 15:25 ICN 17:50 OZ 103D 成田 -> インチョン国際空港 -> 夕食 -> 仁川泊(Hotel June) -
6/7 Wed ICN 12:40 FRA 17:00(+7) OZ 541D 空港 -> チェックイン -> レーマー広場 -> 大聖堂 -> マイン川FIFAファンフェスタ会場 -> フランクフルト泊(Hotel Neue Krame) -
6/8 Thu       屋内市場 -> FIFA公式ショップ -> フランクフルト三越 -> レーマー広場 -> 昼食 -> 昼寝 -> アルテオパー -> 夕食 -> フランクフルト泊 AlteOper 20:00
ヒュー・ウルフ指揮フランクフルト放送響
マーラー:交響曲第2番「復活」
6/9 Fri FRA 11:15 TXL 12:20 LH178H 空港 -> チェックイン -> ブランデンブルク門 -> 連邦議事堂 -> FIFAファンフェスタ会場 -> ティーアガルテン -> 楽器博物館 -> 昼寝 -> 夕食 -> ベルリンフィル -> ベルリン泊(Westin Grande) Philharmonie 20:00
サカリ・オラモ指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団、 ルプー(ピアノ)
ヒンデミット:気高き幻想
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 
R.コルサコフ:シェヘラザード 
6/10 Sat       へーベル広場 -> ルストガルテン -> ベルリン大聖堂 -> 友人と昼食 -> 昼寝 -> ベルリン国立歌劇場 -> 夕食 -> ベルリン泊 ベルリン国立歌劇場 19:00
Vello PahnAdina指揮シュターツカペレベルリン
ドニゼッティ:愛の妙薬
6/11 Sat TXL 7:00 VIE 8:10 LH3610H 空港 -> チェックイン -> 朝食 -> ムジークフェライン -> 昼寝 -> アン・デア・ウィーン劇場 -> 夕食 -> ウィーン泊(Hotel Shermin Apartments) ムジークフェライン大ホール 11:00
ハイティンク指揮ウィーンフィルハーモニー、ブレンデル(ピアノ)
モーツァルト:交響曲第32番
モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番  
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番

アン・デア・ウィーン劇場 19:00
ハーディング指揮マーラー室内管
モーツァルト:コシ・ファン・トゥッテ
6/12 Sun       博物館 -> ブルク庭園 -> アルベルティーナ -> 王宮(磁器・銀器コレクション、皇帝の部屋、シシィ博物館) -> 新王宮(武具・古楽器博物館) -> 昼食 -> 昼寝 -> ウィーン国立歌劇場 -> 夕食 -> ウィーン泊 ウィーン国立歌劇場 19:30
ハラツ指揮ウィーン国立歌劇場管
モーツァルト:歌劇「魔笛」
6/13 Mon VIE 17:15
LHR 21:00
LHR 18:40
ICN 15:50(+1d)
OS 455H
OZ 522D
市立公園 -> モーツァルトハウス -> シュテファン寺院 -> グラーベン、コールマルクト -> フォルクス庭園 -> トラム1周 -> 昼食 -> 空港 -> ロンドンヒースロー空港 -> (14日)インチョン空港 -> 成田着  

一日目~成田、インチョン

出発


オープンしたての第2ターミナルへ。アシアナの地上係員はANAのラウンジを勧めるが、距離的に近いユナイテッド航空のラウンジ(レッドカーペットクラブ)を利用。



登場するとウェルカムドリンクが出ます。機内食は私は和食を選択。かなり美味しかったです。

インチョン


インチョン空港そばのHotel Juneにチェックイン。空港から無料送迎つきです。怪しい日本語のパンフレット。室内の表示がすべてハングルで英語すらないのにビックリ。エアコン、どれを押すと冷房になるのか・・・


夕食へ。空港周辺の街は小さく店があるのは大きな交差点の一角のみ。結局ホテルそばの焼肉屋へ入りました。安い!


やはり英語が通じずハングルが少し出来るaが通訳。青唐辛子、劇辛注意です。美味しく食べて飲んで2人で3000円しないくらい。

<< トップ > 次頁 >


Copyright (C) 2000-2006 俺 All Right Reserved