トップ <結婚式写真集トップ <こだわりアイテム特集1 >>渡嘉敷島旅行記へ 

ウェディング アイテム特集2


7. ヘアメイク リハーサル

挙式の10日前くらいに時間をとって、メイクやヘアスタイル、アクセサリーの打合せをしました。陽の光でメイクの仕上がりを見るので、式と同じ時間帯が良いとか。このゆったり静かなひとときは贅沢でした〜。
髪型は、式はアップスタイルでティアラ、披露パーティはロングスタイル&ボンネを載せることに決定。ちょっとクラシカルに。最近はクラウンが大流行ですが、ボンネってちょっと時代遅れ的なイメージがありつつも清楚で良いですね。ちなみにmy choiseは左(クリックすると1200x1600)。帰りがけには、肩までの長さしかない髪を上手にセットしてくれました

ボンネ1ボンネ2ボンネ3ウイッグに合わせてカラーリングし直しました目じりに少々つけまつげ

8. ブーケ

ウェディングドレスの次に重要なアイテムかなー。イメージ画像を持っていって御願いした結果、こんな素敵に出来てきました。挙式直前(パーティ用ブーケは披露宴直前)まで見ることが出来ないので、どんな仕上がりになってるかは100%お任せになる様ですね。

 キャスケード1 キャスケード2 キャスケード3 挙式用の
純白キャスケード



カサブランカ
白バラ
白デンファレ
イタリアンルスカス
純白な気品にあふれたブーケが素敵! ネットや雑誌で調べたキャスケードはゴチャゴチャ余計な花材が多かったり、逆にスカスカしたものばかりだったので、これはとっても嬉しかった! パーティ用は
ボリュームをだした
ラウンド型

イヴ
ビアッツェ
SPピンクティ
ピンク系の実
レモンリー

9. BGM選曲

これがとても大変な作業。3時間近くに及ぶさまざまなシーン・・・。豊富なクラシックCDコレクションから、新郎も「センスの見せ所」と選曲に気合が入ります。私が「さわやか系」、「ここは軽い感じ」とイメージを伝えるだけで、どんどん名曲が出てきたのでした。すごい。

11:50 受付開始 歓談BGM* スタート/フェードアウト
12:15 新郎新婦入場 チャイコフスキー :眠りの森の美女〜ワルツ(カラヤン/ベルリンフィル)
  開宴挨拶  
  自己紹介  
  来賓祝辞  
  乾杯  バッハ :カンタータBWV147第1曲(リヒター/ミュンヘンバッハ管)
12:30 会食スタート、シェフの御料理説明 歓談BGM再スタート
12:45 楽器演奏(クラリネットアンサンブル) モーツァルト :ディヴェルティメントより(新婦友人)
13:00 イメージチェンジ退場 エルガー :気まぐれな女(Vn:チー・ユン)
    歓談BGM再スタート
13:15 再入場→ケーキカット モーツァルト :ディヴェルティメントK136〜1楽章(小澤/サイトウキネン)
  テーブルラウンド(ワインサーブ) 歓談BGM再スタート
13:35 楽器演奏(ホルンアンサンブル) ライヒャ :6つのホルントリオより(新郎友人)
  電報披露 歓談BGM再スタート
14:15 楽器演奏(木管五重奏・アンサンブルAKABA) 宮崎駿 :となりのトトロメドレーほか
14:25 両家代表謝辞(新郎父) ワーグナー :エルザの大聖堂への入場(ショルティ/ウィーンフィル)
  新郎謝辞   
14:45 新郎新婦退場、御開き モーツァルト :ディヴェルティメントK136〜2楽章(小澤/サイトウキネン)
  送賓 (引出物・装花お渡し) 退場系音楽いろいろ
  武満Arr :ロンドンデリーの歌 (Gr:福田進一)
  バッハ  :主よ人の望みの喜びを (サミットブラスアンサンブル)
*歓談BGM曲集*  ドビュッシー 小組曲より 小舟にて (Pf.)コラール/ベロフ
モーツァルト ディベルティメントk136〜3楽章 小澤/サイトウキネン
ベートーヴェン ピアノソナタ「ワルトシュタイン」〜1楽章 (Pf.)ポリーニ
ピアソラ タンゴ組曲よりアンダンテ (Vc.)ヨーヨ・マ
エルガー 愛の挨拶 (Vn.)チー・ユン
モーツァルト フルートとハープのための協奏曲〜2楽章 (Fl.)ランパル (Hp.)ラスキーヌ  
メンデルスゾーン 無言歌よりop.19-3 (Pf.)ペライア
ハチャトゥリアン 仮面舞踏会よりノクターン (Vn.)チー・ユン
 ? ホワイトクリスマス パシフィック ホルンアンサンブル
モーツァルト 協奏交響曲〜1楽章 ウィーン・ヴィルトーゼン
マスネ タイスの瞑想曲 (Vn.)チー・ユン
メンデルスゾーン 無言歌よりop.19-1 (Pf.)ペライア
 ? 赤鼻のトナカイ パシフィック ホルンアンサンブル


10. ウェルカムボードの作成

ホテルの披露宴会場とは異なり、私達しかいないのでゲストが迷うことはまずないけれど、普通必要なものらしいので会場入り口に飾るボードを準備しました。お店で頼むと結構な値段になるので自作。
 ・額縁、台紙を画材屋さんで購入。文字を書くための画用紙も\100くらいで買えます。
 ・日付入りの「Welcome to our wedding reception]を適当な紙に印刷。powerpointのフォントでは飽き足らず、フォント作成webを利用。
 ・kinko'sでA3画用紙に拡大コピー(画用紙にコピーできるのは、やっぱり専門店)。クリーム色の紙に濃茶色の文字
 ・
お花で飾ってもらうよう手配。仕上がりはこんな感じです。

11. フラワー&フェザーシャワー

click! フラワーシャワーに使うバラの生花って、見てると予想以上に早く床に落ちる。ヒラヒラ感があまりない。造花の花びらなら軽くて滞空時間長そうだけど、新郎新婦が出てくるまでの間、参列の方々に造花を握り締めながら待っててもらうのも何となく味気ない。で、思いついたのが羽根。でも白い羽根って意外とどこにも売ってないですね・・・・(枕や布団に入れる水鳥の羽は黒味がかかっててNG)。あちこち探して、東急ハンズで見つけました(池袋×新宿×渋谷○)。赤い羽根よりひとまわり大きい感じのものが一袋¥300。10袋もあればいいかな?
純白&薄桃色の羽を色とりどりのバラに混ぜて蒔いてもらえば、落下するスピードが異なってふわふわ感がとてもキレイ。
羽根とバラが散っているのもイイでしょ?


12. テーブルデコレーション

テーブルクロスを橙色に。ゲストのテーブルには白カラーとオレンジ色のバラを中心とした装花を御願いしました(@\3,000)。これはテラコッタ上にアレンジされてて、持ち帰り可能です♪。
事前に会場へ届けておいたワイングラス柄の席札も、お洒落にレイアウトしてくれていた様で嬉しい。 英語読み/漢字併記したものです。

メインテーブルもゲストテーブルと同様に白とオレンジを基調としたデザインです。カラーの他にカサブランカが入ってて終始とてもいい香りに癒されました。その後二次会に運んで飾り、ブーケトスをしない代わりに御花をお持ち帰り頂きたかったのですが連絡が上手くできず飾ってもらえなかった・・・。これだけはちょっと残念だったかな。
そのかわり我が家が花だらけになりました。卓上装花が32inchテレビの上に飾られ豪華絢爛!な数週間でした(笑)
カラーで背を高めに お箸は年配の方だけでなく全員に
13. 披露パーティ受付と引出物の準備

<受付>
新郎の妹&新婦の妹がスタンバイ。結構好評。テーブルが寂しくならないように、端っこではクリスマスメイクのクマがゲストをお出迎えしました。子供用に売ってるサンタの赤い帽子をかぶせて、首からクリスマスベルを下げて、簡単にデコレーション。これはお見送りの際、小さなゲストへのプレゼントになりました。
<送賓>
大人のゲストには引出物をお渡ししながら御挨拶をしました。女性人数とテーブル装花の数が合っているので、御夫婦でいらした方にも一人ずつお手渡しできます。よく言う数百円のプチギフトは無し。スプーン1個だけ?入浴剤?目上の方もいる場にはちょっと相応しくない感じ。
<引出物>
式場で用意してくれた紙袋はテーブルクロスと同じ橙色でカワイイ。季節によって色が変わるそうで、これはちょうど12月1日からの色。引出物は悩みどころでしたが、親戚は遠方多数、友人といえばお互いそろそろ結婚式慣れしている年代なので、重くない&重複の無い様カタログを厳選することにしました。三越も高島屋もいいけれどギフトかグルメのどちらか限定になってしまうのが残念・・・そこでギフト/グルメ両方の冊子が入った分厚いものを準備しました。御菓子は12月の定番、バウムクーヘンです(高島屋から持込)。無料で加入できるデパートのブライダル会員カードは、商品券や1年間買物5%offなど特典がいっぱい。数社登録して好きな分だけ使えばとてもたのしい。

14. ヘアチェンジ(お花直し)とケーキカット

オイシソー 結婚式の日はずっと白いドレス姿で過ごしたい。こう思う花嫁たちは最近増えている様で、お色直しではなく「イメージチェンジ」「ヘアチェンジ」「お花直し」という言葉が中座のときに使われています。私も挙式には似合わなかったウィッグ(ベールをつけるのにダウンスタイルは重々しすぎた)とボンネをつけて、ピンクのオールドローズブーケに換えました。なんだかとても可愛くてイメージチェンジというよりは、違う人が入ってきたようです(笑)。
ブーケスタンドもgood
生ケーキはイチゴで埋め尽くし、ラズベリー、ブルーベリー、クランベリーもたくさん載せてとリクエスト。ハートが重ねられたこんなにかわいい仕上がりです。トレーの周りにお花を飾れば尚良かったかな?ケーキカットって人数分に切り分ける為に結構早い段階で行わなくちゃいけないそうです(乾杯の前など)。でもお願いして出来るだけプログラム後半にこのイベントが来るようにしました。その方が写真タイムとしてもメリハリが付きます。披露宴開始早々ケーキカットを行う場合、目の前に運ばれたシャンパンやあたたかい御料理が「お預け」状態とは、ちょっと堅苦しくて嫌。私達はケーキカットの後にワインサーブをしながらテーブルを周りました

15. 二次会のいろいろ

麻布から20分ほど、地下鉄一回の乗換で行ける銀座のタイ料理レストランを手配しました。一面の大きな窓から銀座4丁目交差点のwakoが見える、夜景の綺麗なお店です(写真集)。
Hr吹きの後輩がCDデビューを果たした「むらさきのうえ」のアカペラで入場、とても素敵なハーモニーを披露してくれました。彼らは今やライブや結婚式演出に多忙な実力派♪です。その後も幹事のクイズ、木管五重奏、理科大やフライハイトの皆さんのホルンアンサンブルなど余興が盛りだくさんでした(披露宴に続き新郎演奏しまくり)。
私達が用意したのは御招待リストとサンキューカード、プチギフト、あと新宿高島屋で白いマーメイドドレス。二次会用ドレスの有名なレンタルショップにも行ってみたけど、質感/デザインともそれなりものを一回着るのに3万円〜というのでやめて同額程度のドレスを買っちゃいました。自分のだけ買うのも心苦しかったので、新郎にもかっこいいシャツとネクタイを新調。ギフトには私が小さい頃から親しみのある六花亭から人気のストロベリーホワイトチョコをオンラインショップから購入。一つ一つ丁寧にラッピングされてて感激(しかも無料)です。このページには有名なマルセイバターサンドやシーフォームケーキ、大平原など美味しい御菓子が満載なのでどれを選ぶか悩みました〜。

<<TOP  <<結婚式トップ <<アイテム特集1 <<画像掲示板